神戸 ディライト訪問医療マッサージ 院長ブログ

神戸 ディライト訪問医療マッサージの日記です。

傷はぜったい消毒するな

こんにちは!

ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。

 ひさしぶりの今日は本を紹介させていただきます。

こちら↓

  

傷はぜったい消毒するな 生態系としての皮膚の科学 (光文社新書)

傷はぜったい消毒するな 生態系としての皮膚の科学 (光文社新書)

 

 

 もうかれこれ5年以上前に出た本でご存知の方も多いかもしれませんが、
今でも時々メディアにも取り上げられており、
この方法論はかなり認知されたのではないかと思います。

内容を簡単にまとめると、

  • 今まで常識とされていた傷口の消毒は不要である。
  • 傷口の消毒は身体の治癒機構を邪魔して、かえって
    傷の治りを遅くしている。
  • 傷口を流水で洗い流して異物を取り除いたら、
    あとはラップなどで傷を乾かさないようにしておく。
  • そうすれば痛みもなく早く治る。
  • かさぶたを作ると治りが遅くなる。

ざっと、このようなことがわかりやすく書かれています。

けっして机上の空論ではなく、実際の処置結果でも
良好な成績をあげています。

現在、医療機関でも「湿潤治療」といわれる
この処置法を取り入れているところが増えています。

これは、身体のしくみをじっくり観察した結果みちびき出された方法です。
今まで常識とされてきたことを止めることは
とても勇気がいることですが、
身体と真摯に向き合った結果わかった答えには
治療者としては従わざるを得ないでしょう。

日々利用者様の身体と向き合っている自分としても、
この姿勢はけっして忘れてはいけないと
あらためて思いました。

今日は短めに(笑)

 

日々からだに感謝。病気に感謝。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ

↑ 応援いただきありがとうございます!!