神戸 ディライト訪問医療マッサージ 院長ブログ

神戸 ディライト訪問医療マッサージの日記です。

冷やすべきか温めるべきか?

こんにちは!

ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。

 

前回メジャーリーガーの和田投手のことを紹介しましたが、
ピッチャーによくみられるひじの故障について
少し私見を書いてみようと思います。

通常ピッチャーは一試合で100球近くのボールを投げます。
そのほとんどを全力で投げますので、肩やひじなどの関節にかかる負荷は相当なものとなります。
とくにひじの関節周囲の靭帯や腱には、投げ方にもよりますが
かなりの負担となって炎症がおきます。
投げ終わったあとのピッチャーが肩をおおきなもので
包んでいるのは、その炎症を抑えるために冷やしているのです。

さて、ここで意見が分かれることになります。
肩は冷やした方がいいのか。
それとも温めた方がいいのか。

私としては、現時点では

「なにもしないでそっとしておく」

という選択肢を支持します。

その理由は、、、

 

長くなりそうなので次回に続けます(^_^;)

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ

↑ 応援いただきありがとうございます!!