神戸 ディライト訪問医療マッサージ 昨日・今日・明日

神戸 ディライト訪問医療マッサージの日記です。

考えて考えて感じて動く。

こんにちは。訪問医療マッサージ ディライトの徳地です。

 

先日、『訪問リハビリ技能士』の上級コースがスタートし、

朝から一日、みっちりと考える力を養ってきました。

f:id:de-light:20180326221805j:image
f:id:de-light:20180326221832j:image

実際の症例をもとに、どのように機能回復を図っていくか、

参加者がおのおの考えて意見を出し合って進めていきます。

自分では気づかなかった点や意外な発想を聞くことができ、

そこからさらに考えが発展していきます。

f:id:de-light:20180326221937j:image

答えを初めから与えられてそれを覚えるというのではなく、

自分の持てる知識と技術から道筋を作っていく。

とてもワクワクする楽しい学びです。

そもそも、現場で私たちが関わらせていただく利用者の方々も、

一人として同じ身体の方はいないし、その時々で変化していく

 

『生きている存在』

 

なので、こちらも柔軟に臨機応変に対応していかなければなりません。

 

つねに柔らかい頭と身体で可能性を探っていきたいと思います。

上級コースは全6回、今後の学びが楽しみです。

新年あけましておめでとうございます!

遅くなりましたが、みなさま新年あけましておめでとうございます!

訪問医療マッサージ ディライトの徳地です。

どうぞ本年もよろしくお願いいたします!

 

新しい年を迎えてもう10日が過ぎたんですね!

まあ、なんと早いこと(^_^;)

訪問マッサージの現場は今年も変わらずフル回転でスタートしています!

 

気持ちも新たに進んでいきたいと思いますが、

今年はとくに具体的な目標を今のところ決めていません。

ちょうど年末年始にかけて自宅の整理、模様替えをしたのですが、

これが頭の中を整理するのにも大いに役立ったようで、

ちらかったアイデアや感情がすっきりとしてきました。

落ち着いてこれからのことを考えて、行動に移す体制が整った、

そんなところです。

まずは目の前にあることを、優先順位を考えながら

時間を大切に、かたちに変えていこうと思います。

限られた時間でどれだけ出来るのか、

今年一年の自分に期待したいと思います!

 

 --------------------------------------------------------

訪問マッサージの無料体験受付中!

まずはお電話でご相談ください → ☎ 0120-012-579

独居高齢者の在宅看取りはどこまで可能か

こんにちは!

ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。

 

久しぶりの投稿になってしまいましたね、、、

 

さて、今日(昨日?)はこちらのシンポジウムに出席してきました ↓


第18回 在宅ホスピスケア実践シンポ
「独居高齢者の在宅看取りはどこまで可能か」

 

f:id:de-light:20171022004938j:plain

 

タイトルのとおりです。

ご自宅で最期を迎えられる方の看取りについて、

実際に現場で従事されている方々の、生のお声を聴く貴重な機会をいただきました。

しかも、ぶっとおしで7時間!!

でも、あっという間の時間でした。

 

f:id:de-light:20171022005050j:plain

 

様々な角度から、いろんな先生方のお話を聴くことが出来たので、

充実の一日になりました(*^_^*)

 

私自身が、今まで実際に施術の現場で本当の独居の方の最期に

遭遇したことはなかったので、

どのようなものなのか、今回のテーマを知った時から

とても興味がありました。

 

「現実はなかなか厳しくて、かなり難しいんじゃないだろうか、、、」

と正直思っておりました。

医療、介護の実際を、なかなか現実的に想像できなかったのですね。

 

あらためて、今回のシンポジウムを受講してわかったこと。

 

「独居高齢者の在宅看取りは可能である」ということ。

 

まさにその現場で活躍されているドクター、看護師の方々が

そうおっしゃるのですから、間違いないでしょう。

お話を聴いていて、私自身もそのような気になりました、、、

 

もちろん、創意と工夫、そして何より、

接する人間の姿勢が問われるとは思いました。

今の時点ではうまく言い表せないのですが、

画一的な方法では対応できない、

ケースバイケースでの取り組み、

本人の意思を第一に尊重する姿勢など、、、

 

お話を聴きながら、いろいろな考えや思いが

頭を駆け巡りましたが、

私個人としては、結果的に希望を持てる内容であったと感じました。

これからますます高齢化が進展して、

問題もあふれ出てくるでしょうが、

対処のしようがあるのではないか!

そんな気持ちにさせてもらえた、

心強い本日の登壇者の先生方でした。

 

やはり、地域でのコミュニティの必要性を痛感しています。

私自身が、そこに何か少しでも役に立てることはないか、

模索してみたいと思います。

 

 

からだに感謝。病気に感謝。

にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ

↑ 応援いただきありがとうございます!!

自分で考えるって楽しい!

こんにちは、訪問医療マッサージ ディライトの徳地です。

 

昨日は、月に一度のリハビリテーションセミナーを受講するため東京へ。

気合いが入り過ぎて一時間前に空港に到着^_^;

すがすがしい朝を迎えました。


f:id:de-light:20170820183823j:image

 

時間に余裕が出来たので、窓越しに飛行機を眺めながら有意義に読書できましたよ。

 

さて、今回のセミナーはパーキンソン病をテーマに、

その病態やリハビリテーションの技術についてみっちり一日の学びでした。


f:id:de-light:20170820210816j:image

 

学んだといっても、ただ知識を習得したわけではありません。

具体的なリハビリテーションの方法については、

まず参加者が自分のあたまで考えるという、

脳内フル回転の内容です。

 

おかげであたまを休めるひまもなく

最後まで濃密な時間が過ぎていきました。

 

新しい知識を手に入れることも楽しみではありますが、

それを手がかりに自分で次のステップを考えることはさらに楽しいです。

しんどい時もありますけど、

知識を詰め込むだけでは味わえない満足感が得られます。

学んだ知識をもとにあらゆる可能性を考えて、自分なりに仮説を立てる。

それに基づいて施術をおこない、結果が出たときの喜びは格別です。

 

実際、私たちは日々いろいろな現場に向かいます。

利用者さんの身体の状態は、いつも同じとは限りません。

その場その場で臨機応変に対応する必要に迫られます。

正直、聞いたことのない病名の方の施術を依頼されることもあります。

 

そんなときに必要になるのが、自分のあたまで考える力です。

知識だけでは施術はできません。

相手は機械ではなく、生身の人間です。

こちらが思ったとおりにコトが進むなんてほとんどありません。

満足に会話が出来ない方もいらっしゃいます。

それでも、なんとかしなきゃならないのです。

 

あらゆる知識と技術、知恵と想像力を総動員して、向き合います。

必死に向き合っていると、身体が教えてくれるようになります。

その声を聞き逃さないように、いつも意識して施術をしています。

 身体との対話を楽しめるようになるには

まだまだ時間がかかりそうですが(^o^;

新スタッフが加入しました(^o^)

こんにちは、訪問医療マッサージ ディライトの徳地です。

 

遅くなりましたがご報告です☆

先月4月の後半に、当院にまた新しいスタッフが加わりましたー。

ご紹介いたします☆

林 勉 (はやし つとむ) 1983年生まれ 34歳

東京都出身

あん摩マッサージ指圧師

趣味:野球、バイク、ギター、ゲーム その他、、、

ひと言:

「神戸はいいところですね!じっくり腰をすえてがんばります!」

 
f:id:de-light:20170511001435j:image

(写真は、先日誕生日を迎えて院内でお祝いをしたときのものです)

 

東京から単身神戸に引っ越してきて、

早くも新しい環境にすっかりなじんだ様子です(*^_^*)

やる気元気陽気にあふれていますので、

これからバリバリ仕事をこなして活躍することでしょう!

明るく話題も豊富な人柄なので、

利用者様にもきっと喜んでもらえることと思います(^◇^)

院内も一段と活気づいてきましたので、おたがい切磋琢磨して

よりよい施術が出来るよう取り組んで参ります!!