神戸 ディライト訪問医療マッサージ 昨日・今日・明日

神戸 ディライト訪問医療マッサージの日記です。

必要な言葉を伝える

こんにちは!

ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。

 

久しぶりのブログ更新、失礼いたします(汗)

例によってサボっておりました、

元気にしておりますので

またちょくちょく書かせていただきますね(^_^;)

 

さて、さきほど仕事から帰って何とはなしに

テレビをつけましたら

NHKで「プロフェッショナル」という番組がやっておりました。

www4.nhk.or.jp

 

今日は「美尻トレーナー」の岡部友さんという方。

存じ上げませんでしたが、

「どんなことしてるのかな」

と気になったので、何気なく観ておりました。

(個人的に美尻にはあまり興味はありませんが(笑))

 

その方がクライアントの女性のトレーニングと

恋愛相談?アドバイス?をされているシーンのあと、

カメラの前で語った言葉に引きつけられました。

 

「その人が求めている言葉を話すのではなく、

今のその人に必要な言葉を伝えている」

 

そんな内容だったかと思います。

 

つまり、相手に対しておもねらず、妥協せずに

身体と心のトレーニングをおこなっている、

そんな姿勢で自分はやっていると。

 

これは来ましたよ(笑)

 

なんか引っかかるなあ。なんだろう、この感じ。

 

そうだ、自分が今施術の現場で迷い、

試行錯誤して答えを探そうとしている、

ひとつの回答がこれなんじゃないか!

 

そう思えたのです。

 

こうして書いているあいだも、

さらに言葉を噛みしめ反芻しながら、

 

「自分ならどうするだろう?」

 

と考えながら、あの人、この人と、

実際の利用者様に当てはめて考えています。

 

もちろん、答えはひとつではないし、

相手に応じて伝え方は変わるものだとは思いますが、

ひとつの在り方がここに示されているように思います。

 

これまでの自分を振り返ってみるに、

 

「その方が必要としている言葉」

 

というよりは、

 

「自分がその人に語りたい言葉」

 

もっとひどいと、(汗)

 

「自分が正しいと思う価値観」

 

を一方的に伝えることが多かったのでは、と。

 

ちょっと反省。

 

「その方が必要としている言葉」とは何なのか。

 

これはまたむずかしいところかもしれませんが、

なんとなく今思っているのは、

頭で考えたことでなく、

ハートで感じたことなのかな。

心の深いところから出てくるものなのかな。

 

わかりませんが、

その意識をどこかに持ちながら、

日々の施術にあたってみようと思います。

 

そんなことで、忘れないために今日は書いてみました。

ブログって便利でいいですね(笑)

こんな感じでまた日々の気づきなどを記していきたいと思います。

どのような物語を生きるか。

こんにちは!

ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。

 

最近、施術の現場で痛感していることがあります。

 

「人生における物語の必要性」

です。


人は多かれ少なかれ、常にある種の
「物語」を生きていると思います。

この世に誕生してから、
出会いや経験、あらゆる出来事を通して
独自の世界観、価値観を作り上げていきます。

置かれた環境その他によって、
みなそれぞれものの見方や考え方が異なる、
いわば

「それぞれの物語を生きている」

のではないでしょうか。

「平和で穏やかな日常」
という物語もあれば、
「山あり谷あり人生はジェットコースター」
という物語もあるかもしれません。

どのような人生を歩むとしても、
前を向いていく、積極的な姿勢で生きていくためには、
その先にある

「希望」

の存在が不可欠と考えます。

希望があるから、心躍らせたり、
困難に立ち向かう気力が湧き上がってくると思うのです。

話を戻します。

訪問マッサージにおいては、
お身体の症状の改善、
日常生活能力の向上を
第一の目的としておこなっています。
そこではこちら側が一方的に
施術をおこなうのではなく、
ご利用者様本人が自分で身体を動かしたり、
一緒に訓練に取り組む場面もあります。

そこでは、積極的に訓練に取り組まれる方もいれば、
あまりその気になれなかったり
拒否の姿勢を示される方もいらっしゃいます。

痛みがあったり、安静期間が長くなると、
しだいに体力や気力が低下してしまいがちです。

そんな状態で困難なこと、
しんどいことに取り組もうとするので、
よほどの気持ちがないと
なかなかスイッチが入らないのは
当然かもしれません。

そんなときに、こちら側の力不足を感じるとともに、

「希望の物語」

の必要を感じるのです。

ご自身の現状、行く末に
もはやあきらめ、描く希望がない方。

そんな閉じてしまった物語の筋書きを書き換える力、
ありありと実感してもらえる
新たなストーリーを紡ぎだす能力を、
手にしたい。
その助けになりたい。

世界はいつも変わらずそこにあって、
どんな現実を受け取るかは
自分で選べると信じているからです。

毎日が、初日。

こんにちは!

ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。

 

本日より当院は新年の業務をスタートしております。

年末年始のお休みを経て、身体も心も充電完了!

新鮮な気持ちで施術に臨みます。

このような節目は気持ちを新たにするいい機会になりますが、

できることならば今年は日々まっさらな気持ちで、

昨日とはちがう今日を意識的に創り出していきたいと思います。

毎日を悔いのないように、全身で生きていけますように!

(この文章は今訪問先の施設にて、お風呂に入られている利用者様を待っている間に書いています。スキマ時間も有効活用(笑))

追い風も向かい風も。

こんにちは!

ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。

 

テレビで年始恒例の箱根駅伝を中継しています。

1月の冷たい空気をものともせずひたすら前を向いて走る選手。

苦しさに顔を歪ませながら

前で待つ選手に少しでも早くたすきを渡すためだけに。

大舞台でみずからの限界を超える力を、

何か見えない力に引きつけられるように

けっして冷静さを失わずに走り切る。

 

入れ替わる順位、

勝利を確信された者が失速し、

あきらめない者たちが猛烈に追い上げる。

周りの声が聞こえているのか、もはや自分の声だけなのか。

 

この人たちには穏やかな正月も、

家族と過ごす時間もまるで別世界のことなのだ。

 

彼らの姿を見ている自分にも

力が湧いてくるのを感じる。

選手の走りを追い風に、加速していけそうな気がする。

 

前を向いて走る。追い風も向かい風も。全力で!

新年を迎えるにあたり。

謹賀新年

ディライト訪問医療マッサージ院長の徳地です。

旧年中は大変、お世話になりました。
本年もなにとぞよろしくお願いいたします。


さわやかな朝の空気とともに新年を迎えられたことをうれしく思います。


例年、正月というとどうしても生活リズムを乱してしまい、

食べ過ぎ、食べ過ぎ、夜ふかし、運動不足の

ダラダラした時間をおくっていたのですが、、、


経験上何もいいことはなく、

むしろあとで立て直すのに苦労したり、後悔することばかりでした。


そこで、今年はできるだけいつもと変わらず、

いやそれ以上にこの休みの時を密度の濃い充実した時間にしようと決めて、

年末より意識してきました。


まずは何をするにも惰性ではなく、よく考えて取りかかる。

本当に必要なことなのか。今すべきことなのか。

それをすることで次に、未来につながる行動になるのか。


決めたらあとは行動あるのみ。

考え過ぎて動かないより、

拙速でもいいので実践と改善を繰り返すことで前に進む。


元日の朝に、今年一年の行動指針を忘れないようここに記させていただきます。


あらためまして皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします!


ディライト訪問医療マッサージ
徳地 静夫