神戸 ディライト訪問医療マッサージ 院長ブログ

神戸 ディライト訪問医療マッサージの日記です。

健康と病気の境界線

こんにちは!

ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。

久しぶりのブログ更新ですが、

今日はふと思ったことを

つらつらと書いてみようと思います。

 

【健康と病気の境目ってどこ?】

当たり前のように使っている「病気」という言葉。

その定義って意外とあいまいな気がします。

身体になにも不調がなかった人が、

ある瞬間から病気になる、

なんてことはありませんよね。

(突発的な事故によるケガは除きます)

 

健康な状態から、徐々に身体の中で変化が起こって、

それがある時点(あるいはある状態)を超えたときに、

自覚症状として初めて気づくものだと思います。

 

f:id:de-light:20140929235820j:plain

身体の変化に気づくタイミングは、人によってまちまちでしょう。

敏感な人は、ちょっとした異常にすぐ気づきますが、

感覚が鈍っていたりする人は、かなり変化が進んでから

気づくことになります。

 

ともかく、はっきりと「ここから病気」「ここから健康」

という境界線を引くことはできないはずです。

 

とするならば、

病名にあまりとらわれずに

今の自分の状態がどうなのか、

身体の感覚に耳を澄ますことがやっぱり大切なんじゃないかなぁ、

なんてことをふと思ったのです。

たとえ健康診断で異常がなかったとしても、

日々の自分の身体の声を聴く時間を、

寝る前のひとときでもいいので

作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

身体に無理をしてきた人ほど、

最初はなかなか身体の声が聴こえてこないかもしれませんが、

続けるうちにきっと少しづつわかってくると思います。

ともかく続けましょう(^o^)

 

日々からだに感謝。病気に感謝。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ

↑ 応援いただきありがとうございます!!