神戸 ディライト訪問医療マッサージ 院長ブログ

神戸 ディライト訪問医療マッサージの日記です。

治療は伴走者です。

こんにちは!

ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。

 

ジメジメした梅雨が明けて、いよいよ夏本番、
と思っていたら、
8月に入って猛烈な台風がやってきたりして、
雨の多い湿度の高い日が続いていますね。

ただでさえ日本の夏は湿度高めで過ごしにくいのに、
身体にとっても厳しい毎日ですね。

取れる対策は万全に取りつつ、
できるだけ元気に乗り切りたいものです。

 

さて、前回の記事では、

「何もしないで自然治癒力にゆだねる」

ことの意味と、そのハードルの高さについて
思いつくままに書いてみました。

自然治癒力に任せるといっても、その前提として

身体にできるだけ余計なストレスをかけない

ことが条件となります。

そうして自然治癒力が100%働いたとき、
身体のあらゆる不快症状は解消される。
これはある意味、理想です。
このように持っていければ一番いいと思います。

ですが、現実的になかなかそうはいかない。
人それぞれ、置かれた状況やタイミングで、
よいとわかっていることを実行することが許されない。
あるいは、
悪いとわかっていることもやめられない。

それが多くの方々の現実の姿かと思います。

そのような状況におかれた身体を
側面からサポートすること、
それが

「治療」

といわれる行為の役割ではないか。
そう思うのです。

そのままでは坂道を下っていってしまう状態を、
なんとか必死に食い止める。
願わくは、なだらかで平坦な道まで持っていく。
そんなイメージです。

しかし、治療はあくまで伴走者であり、サポート役です。
身体を変えていくのは、本人の意志であり、
身体に備わった自然治癒力です。
他力本願では本当の意味で健康にはなれません。

そのようなことに気付いてもらうのも、
私たち治療家の役割ではないかと思っています。
極端かもしれませんが、

治療 2割、本人のチカラ 8割

と言ってもいいかと思います。

このことは、けっして治療があまり意味のないということではなく、

2割の行為が8割の成果に大きく影響する

ということです。

 

少々小難しい話になってしまいましたので
今日はこのへんで。

日々からだに感謝。病気に感謝。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ

↑ 応援いただきありがとうございます!!