神戸 ディライト訪問医療マッサージ 院長ブログ

神戸 ディライト訪問医療マッサージの日記です。

ユマニチュード 魔法のケア

こんにちは!

ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。

 

先日ある方がネット上でシェアされていて、
とても興味深く読ませてもらったのですが、
フランス発の「魔法のような認知症ケア」
といわれる、

ユマニチュード

を今回はご紹介したいと思います。

ユマニチュード=人として接する という意味


認知症で暴力や暴言といった症状がみられた方が
このケアを受けたことで穏やかな態度になって
介護者の肉体的、心理的負担が軽くなったということです。
( くわしくお知りになりたい方はこちらをご覧ください
  →http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/167909.html )


では、ユマニチュードの実際のケアはどのようなものかと言いますと、
次の4つの基本姿勢があります。

  1. 相手を見つめること
  2. 話しかけること
  3. 触れること
  4. できるだけ自分で立つよう支援すること

それぐらい当たり前でしょ!と言われそうですが、
医療や介護の現場では こうしたケアが
十分にはなされていない現実があります。
日々の業務でいっぱいで、
なかなか時間的にも精神的にも余裕がないのが原因です。

ですが、ユマニチュードでは
ケアされる側とケアする側の絆づくりを中心に据えています。
いったん信頼関係ができあがれば、
のちのケアがスムーズにおこなえるので、
結果的に介護者の負担も軽くなるということなのです。

たしかに結果をみると

「魔法のケア」ではありますが、
これはけっしてテクニックではないと思っています。
基本姿勢はすべて、

「相手のことを尊重して思う」

気持ちの表現方法にすぎないなと。
だから、かたちだけマネしても
うまくはいかないんじゃないかと思うのです。
やはり、どれだけ本気で向き合えるか。
が問われると感じます。

 私もちょうど先日から
認知症の利用者様を担当することになりましたので、
このタイミングでユマニチュードを知ったのも
なにか意味があるのではと感じています。
さっそく実践してみます。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ

↑ 応援いただきありがとうございます!!