神戸 ディライト訪問医療マッサージ 院長ブログ

神戸 ディライト訪問医療マッサージの日記です。

身体感覚を全開にして

こんにちは!

訪問医療マッサージ ディライト 院長の徳地です。

 

前回の記事の最後で、

アタマ(大脳)の働き過ぎ、暴走を抑えて
身体のエネルギーバランスを整える方法

を少し書きました。

今回はその続きです。


< 大脳にかたよってしまったエネルギーを

脳幹や辺縁系にもバランスよく流れるようにする方法 >

  • 自然に触れる時間を意識的につくる
      →太陽の光を浴びてゆったりと自然の中を歩くと、
       原始感覚が目覚めて、大脳を休ませることになります。
       携帯電話のスイッチはOFFにして。
  • 自然のリズムに合わせて生活する
      
    →体内時計がストレスなく働くことで、カラダは最大の
       能力を発揮することができます。
  • とにかく身体を動かして肉体感覚をとりもどす
      →アタマばかりにいってしまったエネルギーを身体に
       導いて、身体で感じる、動くことを大切にします。
       自分の身体を感じることは自然治癒力を発揮させるためにも
       ぜったいに必要です。
       結果として、煮詰まったアタマもすっきりして
       思考もふたたび明晰になります。
  • リズミカルな運動は大脳の働きを抑える効果がある
      →「セロトニン神経」が働いて大脳の活動を抑えてくれます。
  • スキンシップを大切にする
      →身体に触れることで皮膚感覚を刺激して、
       思考や外の出来事に行きがちな意識を
       自分の肉体に向けることができるようになります。
       これを十分に続けると自然治癒力が活性化します。

これだけでも、続けることで確実に身体はいい方向へ
動き始めますよ。

一つでも二つでも、実践して感じてみてください。

それではまた次回へ。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ

↑ 応援いただきありがとうございます!!