神戸 ディライト訪問医療マッサージ 院長ブログ

神戸 ディライト訪問医療マッサージの日記です。

じゃまをするのは誰だ?

こんにちは!

訪問医療マッサージ ディライト 院長の徳地です。

 

前回は、

「脳幹」が充分に働かないことが

病気になる原因と書きました。

f:id:de-light:20140717192017j:plain

脳幹のコントロールがうまくいかないと、

身体がバランスを崩しても

それを立て直そうとする力が働かないのです。

 

むずかしい話になってきましたね(笑)

あまり深く入り込まないようにして、

シンプルに説明しますね。

 

身体は全身からいろいろな情報(データ)を集めて

脳(アタマ)に送っています。

手足の位置や動きから、

内臓の動きに至るまで。

熱い、冷たいなどの感覚もそうです。

 

集められたデータは、

アタマというコンピューターの中で

複雑な処理をされたうえで、

脳幹の部分から

今度は逆に新しい命令(データ)として

身体の各部分に送られます。

身体にとって一番良いように

必要なデータが送られるのです。

 

身体の各部分が必要なデータをちゃんと

受け取れれば、

それにしたがって再びそれぞれが働くことで

健康は維持されるはずです。

 

ですが、ここで邪魔が入ります。

強力なじゃまものです。

そのせいで病気にもなるし、

そこからなかなか回復できません。

さて、じゃまものとはいったい誰でしょう?

 

このつづきはまた今度。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ

↑ 応援いただきありがとうございます!!