神戸 ディライト訪問医療マッサージ 院長ブログ

神戸 ディライト訪問医療マッサージの日記です。

指揮者を失ったオーケストラはどうなるか?

こんにちは!

訪問医療マッサージ ディライト 院長の徳地です。

 

蒸し暑い日が続きますね、、、

7月も後半、そろそろ梅雨はあけるのでしょうか。

さすがにクーラー、扇風機を使うようになってきました。

節電には気を使いつつ、

しかし涼しいのはありがたいですね (^o^)

 

蒸し暑いのを不快と感じるのも、

昨日お書きしました

「大脳辺縁系」というところです。

まとわりつくような蒸し暑さを感じたときに、

 

「窓を開けて風を通そう」

とか、

「クーラーのスイッチを入れよう」

と、次のアクションを起こす気持ちが

出てくるのは

「大脳辺縁系」

快・不快の感情を生じさせるからでした。

 

さて、

そのほかの脳の役割についても

触れておきましょう。

 

進化の段階で一番古いとされる

脳幹(のうかん)」は、

生命維持にもっとも必要な部分です。

それはどうしてかというと、

脳幹は、

  • 呼吸の調節
  • 心臓の拍動の調節
  • 血管運動の調節
  • 自律神経の調節
  • ホルモンの調節

といった、

身体にとって非常に重要な機能を

すべてコントロールしているところだからです。

身体のあちこちが調和して働くように

適切に指示を出しているのです。

脳幹がばっちり本来の仕事をしていれば、

身体は元気に動けますし、

何も問題は生じないのです。

 

逆に、脳幹がうまく働いていないと、

身体に不調が現れ始めます。

それは例えるなら、

 

「指揮者をうしなったオーケストラ」

 

です。

 f:id:de-light:20140717113937j:plain

 

実は、多くの病気の原因はここにあります。

脳幹が本来の力を出せていないことが、

身体の不調となって現れているのです。

この続きはまた明日。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ

↑ 応援いただきありがとうございます!!