神戸 ディライト訪問医療マッサージ 院長ブログ

神戸 ディライト訪問医療マッサージの日記です。

続けることでみえてくるもの。

こんにちは。

訪問医療マッサージ ディライト 院長の徳地です。

 

前回は、たったひとつの

「できない → できるようになる」

への小さな変化が、

大きな変化へのスタートになる、ということを書きました。

 

わずかなことでも、改善の方向に向かっている、

その変化を見逃さずに気づいてもらうことが大切です。

 10あった痛みが9になった。

挙がらなかった腕が5°挙がるようになった。

足のむくみが2cm減った。

 

いずれもその変化はわずかですが、

確かに変わった!良くなっている!

少しの積み重ねを続けていくことで

気づいたらずいぶん変わっていた、

そんなことがディライトの現場ではよくあります。

 

 

とは言うものの。

身体は生きていますから、良いときばかりではありません。

施術の現場でも、一進一退を繰り返し、

なかなか良くならない方もいらっしゃいます。

 

そんなときこそ。

励ましの言葉とともに、

不安な気持ちにならないよう状態をしっかり説明して

たがいに希望を共有しながらコツコツ継続すること。

それこそが、私たちの一番の役割だと思っています。

傍らに寄り添って一緒に歩む姿勢を大切にしています。