神戸 ディライト訪問医療マッサージ 昨日・今日・明日

神戸 ディライト訪問医療マッサージの日記です。

学んだこと

どのような物語を生きるか。

こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 最近、施術の現場で痛感していることがあります。 「人生における物語の必要性」 です。 人は多かれ少なかれ、常にある種の「物語」を生きていると思います。 この世に誕生してから、出会いや経験、…

自分が考えた考えは自分が考えたと考えていた。

こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 先日からいくつかの本を読んでいて、 偶然にも同じようなことに触れている箇所があり、 いろいろ考えるヒントが得られました。 その書かれていた内容というのが、 「人が何か行動を起こすとき、普通…

見知らぬ相手にすべてを見抜かれたと思わせる方法

こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 今日は手短に、 最近読んでおもしろかった本をご紹介します。 こちらがその本 ↓ 超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか 作者: リチャード・ワイズマン,木村 博江 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売…

こんな暑い季節だからこそ、、、

こんにちは、訪問医療マッサージ ディライトの徳地です。 猛暑、酷暑、なんとも言えない日々が続いていますが、 いかがお過ごしでしょうか? 先週末は2日間、ひさしぶりに東京へ出向いてセミナーを受講してきました。 東京はやはり暑かったです(^_^;) 一日目…

身体の声が聴こえる

こんにちは、訪問医療マッサージ ディライトの徳地です。 先日も月に一度の「訪問リハビリ技能士上級講座」に参加してきました。 上級講座も早くも3回目。 毎回そうなのですが、状態をしっかり評価して、 そこから考えて推察して施術を組み立てる、 そのトレ…

考えて考えて感じて動く。

こんにちは。訪問医療マッサージ ディライトの徳地です。 先日、『訪問リハビリ技能士』の上級コースがスタートし、 朝から一日、みっちりと考える力を養ってきました。 実際の症例をもとに、どのように機能回復を図っていくか、 参加者がおのおの考えて意見…

独居高齢者の在宅看取りはどこまで可能か

こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 久しぶりの投稿になってしまいましたね、、、 さて、今日(昨日?)はこちらのシンポジウムに出席してきました ↓ 第18回 在宅ホスピスケア実践シンポ「独居高齢者の在宅看取りはどこまで可能か」 タイ…

自分で考えるって楽しい!

こんにちは、訪問医療マッサージ ディライトの徳地です。 昨日は、月に一度のリハビリテーションセミナーを受講するため東京へ。 気合いが入り過ぎて一時間前に空港に到着^_^; すがすがしい朝を迎えました。 時間に余裕が出来たので、窓越しに飛行機を眺めな…

コアマッスルは大事です

こんにちは、訪問医療マッサージ ディライトの徳地です。 昨日は久しぶりに、東京まで日帰りで出かけておりました。ゴールデン・ウィークだからといって、遊びに行ったわけではありませんよ。 今回は、リハビリテーションの技術をあらためて学びなおそうと、…

ポジショニング講習会

こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 昨日は、 脳卒中やその他の病気・けが等によって不自由になった身体を よりよく回復にむかうため またより快適に日常を送ることができるために ベッド上を中心に姿勢をどのように整えるとよいか と…

リラクセンスセミナーまたたび

こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 前回のブログ更新からはや二ヶ月… 何をやっていたと思われても仕方ない有様ですが… 梅雨時の蒸し暑さにやられていたのです(*´﹃`*) 気合が足りないということです… とはいえ、そうも言ってられませ…

リラクセンスセミナーふたたびinトーキョー

こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 先日大阪で受講したリラクセンスボディセラピーのセミナー後編を、今回は日曜日の東京で受けてきましたよ(^_^) (前回の記事はこちら↓) de-light.hatenablog.com 今回は少人数のため、マンツーマンに…

リラクセンスボディセラピーセミナーに参加してきました☆

こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 昨日は大阪で開催された 「リラクセンスボディセラピー」 のセミナーに参加してきました! (※リラクセンスボディセラピーについてはこちらをご覧ください ↓ リラクセンスボディセラピー協会ホームペ…

麻痺の状態を体験してみました

こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 先日、とある場所にて開催されたワークショップ 「脳卒中患者さんの歩行を擬似体験する装置と排泄動作の困難さを考えるために開発している装置を利用したワークショップ」 に参加してまいりました。…