神戸 ディライト訪問医療マッサージ 院長ブログ

神戸 ディライト訪問医療マッサージの日記です。

ポジショニング講習会

こんにちは!

ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。

 

昨日は、

脳卒中やその他の病気・けが等によって不自由になった身体を

 

よりよく回復にむかうため

またより快適に日常を送ることができるために

ベッド上を中心に姿勢をどのように整えるとよいか

 

ということを考えるセミナーに施術師の尾田とともに参加してきました。

「中枢神経疾患の方に対するポジショニングの目的と実践、そして動作練習」
講師:玉地雅浩(藍野大学医療保健学部理学療法学科)

 
f:id:de-light:20160904233006j:image

ほんの少し身体の角度を変えてみる。

軽い皮膚刺激で神経の機能が活性する。

動きやすさがはっきりと変化する。

 

そのどれもが、身体の問題を抱えた人の立場、

感覚をあらためて思い起こさせてくれるものでした。


f:id:de-light:20160904232947j:image

 

できるだけ快適に生活をしてもらいたい。

身体機能の改善をすすめたい。

そのどちらも大切で、

そのバランスをはかってリハビリを進めていくこと。

よりよい施術のためにできることがまだまだたくさんある!

日々の学びと実践あるのみです(*^_^*)

 

 

身体からのメッセージ。病気が教えてくれるもの。

からだに感謝。病気に感謝。

にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ

↑ 応援いただきありがとうございます!!

リラクセンスセミナーまたたび

こんにちは!

ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。

 

 

前回のブログ更新からはや二ヶ月…

何をやっていたと思われても仕方ない有様ですが…
 
梅雨時の蒸し暑さにやられていたのです(*´﹃`*)
気合が足りないということです…
 
 
とはいえ、そうも言ってられません。
これからがいよいよ夏本番!
 
パワー全開で参ります٩(๑`^´๑)۶
 
ということで、週末の2日間を利用して、
ひと月ぶりに東京に勉強に行ってきましたー!
 
そう、あのリラクセンスボディセラピーのセミナーを受講してきたのです\(^o^)/
 
 


f:id:de-light:20160728082058j:image

今回は2日間、しかも上級コースということで、
アタマがいっぱいになるんじゃないかと少し心配していたのですが
 
確かに!たしかに濃密な時間になりました!
 


f:id:de-light:20160728083259j:image

テクニックのバリエーションが増えたことも大きいですが、
 
なによりこのセラピーがもっとも大切にしていること
 
「相手の身体に聴く」
 
という姿勢を徹底して身体にインプットすること
 
ついつい、こちらの一方的な判断で治療方針を決めてしまいがちなところ
いったんこちらの知識や技術を脇に置いておいて
静かに身体にたずねること
 
そうすると身体は動きの中から
 
「どうしたいか」「どうありたいか」
 
を教えてくれるのです。
それは不思議な感覚ですが
 
もとはと言えば誰でも身体に備わった能力
 
「身体の声に耳を傾ける」という行為は
 
治療する側、される側がともに
自分の身体に向き合うことのできる大切な時間になります。
 
そうして今回とくに腑に落ちたこと
 
治療する側 ⇔ される側 
 
という区別がなくなるということ
 
どういうことかというと、
 
相手の身体を信頼してゆだねることで
そのちからがこちら側にも波及して
お互いの動きが循環しだすのです。
 
言葉で表現してもなかなかわかりにくい感覚ですが、
体験してみるとたしかに実感できると思います。
 
日々の施術でこのようなかたちが実践できるように
これから深く掘り下げていこうと思います。
 

からだに感謝。病気に感謝。

にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ

↑ 応援いただきありがとうございます!!

リラクセンスセミナーふたたびinトーキョー

こんにちは!

ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。

先日大阪で受講したリラクセンスボディセラピーのセミナー後編を、今回は日曜日の東京で受けてきましたよ(^_^)

(前回の記事はこちら↓)

de-light.hatenablog.com

 
今回は少人数のため、マンツーマンに近いかたちで学べて質問もたくさん出来てとてもいい時間でした☆

f:id:de-light:20160529232114j:image
 
「身体の声を聴く」ことを徹底しながら、無理のない施術の仕方をあらゆる部位でおこなっていきます。

f:id:de-light:20160529232257j:image
 
身体の使い方に関しても、一般的に言われているものとはかなり違っていますが、知ってしまうとそちらのほうがよっぽど理にかなっていると思えるのですから不思議です。
 
今までおぼろげに考えていたことが、今回の受講でかなりくっきりとしてきました。と同時に、これまでの取り組みが間違っていなかったと自信を持つことができました。
 
学んだことを施術に活かして利用者様のさらなる改善につなげていけるよう、明日からまた励んでいこうと思います(^o^)

からだに感謝。病気に感謝。

にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ

↑ 応援いただきありがとうございます!!

パクチー通信特大号

こんにちは!

ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。

 

先月ようやく芽を出したパクチー

de-light.hatenablog.com

その後どうなったかというと、、、

 

じゃん!!!

f:id:de-light:20160520070926j:plain

 

たわわたわわ\(◎o◎)/!

いったん伸びだすと、それからはグングン成長して

葉と葉がからみ合うぐらいに伸びていきます!!

 

さっそく少しずつ収穫して食べているのですが、、、

 

さすがにパクチー!!!

 

強烈な香りでフレッシュな存在感を放っています(^_^.)

 

これは馴れるとクセになる味と香り

 

ちなみに僕以外の家族はだれも食べたがりません、、、

なぜ、、、?

 

からだに感謝。病気に感謝。

にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ

↑ 応援いただきありがとうございます!!

リラクセンスボディセラピーセミナーに参加してきました☆

こんにちは!

ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。

 

昨日は大阪で開催された

「リラクセンスボディセラピー」

のセミナーに参加してきました!

(※リラクセンスボディセラピーについてはこちらをご覧ください ↓

リラクセンスボディセラピー協会ホームページ | 相手も自分も共に、心も体もゆるんだ感覚を再び思い出そう!)

 

身体の緊張をゆるめることは毎日の施術でいつも取り組んでいることですが、

できるだけそれを無理のない方法、

身体に負担をかけないやり方でできないだろうか、

いつも考えていた課題でしたので、

このリラクセンスボディセラピーには

「きっと何かがある!」

という直観で参加しました(^◇^)

f:id:de-light:20160518072507j:plain

男前の熊倉先生(^_-)-☆

f:id:de-light:20160518072515j:plain

理論的でわかりやすい

f:id:de-light:20160518072521j:plain

驚くほど身体が「ゆるゆる」になります!

 

今回のセミナーで学んだこと、気づいたことはたくさんあるのですが、

なかでも強く印象に残った言葉に、

 

  • 施術者が患者の緊張を取るだけではなく、本人に自分の緊張に気づいてもらうことが大切
  • ゆるめようという意識を捨てる → いかにゆるめようとしないかが大切
  • 緊張を緩めることがゴールではない。緩んだり縮めたりできる自由性を取り戻すことが大事
  • 「自分(施術者)が何をしたいか」よりも「相手(の身体)が何をしてほしいか」→施術者がすることは相手に「質問」すること
  • 施術者が緊張していると相手にも反応、同調の現象があらわれてしまう

まだまだあるのですが、

まずはさっそく日々の現場で応用して

利用者様に喜んでいただけるように取り組んでいこうと思います(*^_^*)

なにか楽しいことが起こりそうな気がしています!

 

からだに感謝。病気に感謝。

にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ

↑ 応援いただきありがとうございます!!